スターバックスで頼むのはフラペチーノ

スターバックスで頼むのはフラペチーノ

今やどこにでもあるコーヒーショッップ、「スターバックス」。

スターバックスが大好き、という人はとても多いので、この店舗数にも納得です。

わたしが初めてスターバックスを利用したのはたしかもう10年以上前のことです。

田舎な地元にもやっと店舗が出来まして、興味本位で行ってみたのです。

とりあえずメニュー表を見てみると、

ドリップコーヒー、

スターバックスラテ、

カフェモカ、

カフェミストなどなど、一体どう違うのか全然わからないメニューの羅列が目に飛び込んできました。

困ってしまって、大きく写真の出ている「キャラメルフラペチーノ」を注文することにしたというのをよく覚えています。

これまたサイズもよくわからなかったので、太い文字で書いてあるオススメであろう「トール」を選択。

全くスターバックスの思惑通り?のオーダーをしました。

それから約10年。

相変わらずメニューの意味がよくわからずに、トールサイズのフラペチーノばかりをオーダーしているわたしです。

こうもフラペチーノばかり飲んでいると飽きそうな気もしますが、

季節事に限定メニューのフラペチーノが出たりするので、飽きることなく飲み続けています。

だいたいお店に行くと小さな黒板が立てかかっており、そこにオススメフラペチーノの絵と説明が書いてあるので、それを注文しています。

そしてそれがないときは、初めて頼んで以来お気に入りのキャラメルフラペチーノをオーダーするのが定番です。

スターバックスの店員さんはとても愛想のいい人が多いので、機会があればメニューについて詳しく聞いてみたいと思っているのですが、

もはや一体何から聞いたら良いのかもわからないので、聞いてみたことはありません。

友達に聞いてみても、皆そろってわたしと同じような状態で、

「フラペチーノしか頼んだことがないからよくわかんないよ。というかよくわからないからフラペチーノしか頼んだことないんだけどね」との答えです。

たまにレジでスラスラと色んなものをオーダーをしている人をみかけますが、すごいですよね。

いつの日にかわたしにも理解出来る日が来るのでしょうか。

いまのところ、しばらくはフラペチーノを飲み続ける日が続きそうです。

アウディA5

いろいろあるお好み焼き

皆さん、おうちで「お好み焼き」やりますか?

うちは夫婦ともに東京下町の人間ですから、子供のころから「お好み焼き」と「もんじゃ」で育っています。

中学生ぐらいになるとみんなで集まってお好み焼き屋さんに行きましたし、安くておいしくて、それからお酒が飲めるようになると酒のつまみにもなるお好み焼きは庶民の味方です。

ところで、お好み焼きって全国的なんでしょうかね。

前に関西に行ったときに驚いたことがあるんです。関西もお好み焼きは有名ですよね。大阪駅だったか、地元の人に聞いて、おいしいと評判の店へ行ってみたんですよ。

そしたら、確かにお好み焼きはおいしいんですけどね。

それがひとりに1枚ずつ焼くんですね!

私のなかのお好み焼きは、鉄板で大きく焼いて切り分けて、みんなで食べるものです。だけど大阪のその店では、どちらかといえば、ひとりずつ、おかず? みたいな感じで注文して焼いて食べるって感じだったんですよ。それで一緒に御飯も食べる人がいて、これまたビックリ。

切り分けて食べないお好み焼き、というか、ひとりずつ自分の分を食べるオカズ的なお好み焼きというのははじめての経験でした。

こういうふうに、同じお好み焼きでも場所によってけっこう違うものみたいです。確かに広島焼きは有名ですが、目玉焼きのっけたり焼きそばがついてたりしてますし。モダン焼きとか、どんと焼きとか、名称もいろいろですよね。

でも、味つけとか材料が違うのは想像範囲内だったんですけど、その「食べ方」というのか、食べる流儀みたいなのがこうまで違うとは思っていなかったんです。

ということは、関西方面からきたら、東京は下町の、大きく焼いて、切り分けて、切り分けたのを1つずつ食べてすぐ次を焼く、みたいのはちょっとびっくりなのでしょうか。

食文化というのは、場所によって違うのは当然ですが、食べるものだけでなく、食べ方とかマナーみたいなものにも違いがあるのっていうのは興味深いですよね。

テレビ番組でもご当地番組というか、日本中のいろんな土地の特徴みたいのを放送しているとけっこう面白くて見てしまいますもんね。

全国のお好み焼きを網羅した物産展みたいのを、どこかでやってほしいなぁって思います。