カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒー

妊娠中はカフェインがあまりよくないと聞き、わたしはカフェイン摂取をやめました。

他にももちろんアルコール摂取もやめ、お酒が大好きなわたしはストレスに感じるのかな、と懸念していましたが、

以外にも1番ストレスになったのはコーヒーでした。

お酒は昼間から飲むことは少ないので、だいたい飲みたいと思うのは夜です。

とくにつまみになるような料理を食べたときなんかにはストレスを感じることもあるのですが、いってしまえばその程度なのです。

しかしコーヒーというのは1日つきまといます。

まず起きて目覚めのコーヒーが欲しくなります。

わたしは朝食がパン派なのですが、もちろんそのときもです。

そしてホッと休憩をしたとき、おやつを食べたとき、友人とカフェに入ったとき、夕飯を食べた後、

自分で気づいているよりもコーヒーを飲んでいたことを知りました。

こう1日に何回も、ああ飲みたいな、でも飲めないな。というのを繰り返していると、安定期に入る頃には完全にコーヒー不足に陥ってしまったのです。

家でコーヒーコーヒと嘆いているわたしをみかねて、主人がカフェインレスのコーヒーを探してくれました。

まずスーパーのコーヒー売り場で見かけたのは「たんぽぽコーヒー」とネスカフェゴールドブレンドのインスタントのカフェインレスコーヒーです。

「たんぽぽコーヒー」というのは妊婦雑誌にも載っていて聞いたことがありましたが、

どうも抵抗があったので、購入するのはやめました。

試飲でもあったらよかったのですが。。。

そして選んだのはもう一方のネスカフェゴールドブレンドのカフェインレス。

ネスカフェのインスタントコーヒーはあまり好きではないのですが、この際選ぶ余地はありません。

家に帰って早速飲んでみると、味はまぁまぁです。

特別美味しいわけではありませんが、コーヒー欲求がかなり満たされていることに驚きました。

これは嬉しかったです。

コーヒーはダメだと我慢しないでもっと早くに探せば良かったなぁと感じたのでした。

同じくカフェインが摂取できない状況でストレスをお抱えの方は、試してみる価値があるのではないかと思います。

新型アウディA4

飲み比べ

ソムリエ、とはワインの鑑定士? のようなものなのだろうけど一時期この資格をとるのが若い女性の間でも一種のブームのようになりましたよね。

ソムリエではなくても、ワインなんたらというその下のレベルのような資格もあるみたいですが。若いOLやセレブ系の主婦に人気があったようです。

わが家は夫婦でワイン好きです。

偉そうなことはとても言えませんが、それでもワインを飲むうちになんとなくは「渋い」とか「重い」とか多少の違いはわかるようになってきました。

特にいいワインというのか、1本5000円ぐらいするものと、1000円以下のものは飲んだらだいたいわかります。

年末のテレビ番組で格付けとかいって、目隠しをしてワインの飲み比べをして高いほうをあてるのとかありますけど、あのぐらいの差があるものならわかるかなあ、などと夫と話したりもしています。

ところが、日本酒はダメですね。

日本酒も好きでけっこういろいろと飲んでいますし、ある程度の違いはもちろんわかります。というか、好みがすごくはっきりしていて、少しコクがあって、とろりとした感触があるのが好きなんですね。

でも、例えば辛口、の辛口度の差がわからないんですよ。売り場なんかで辛口がプラスいくつで示されていたり、札に「フルーティで飲みやすい」とか「キリッと端麗」などと書かれていますが、実際にその2本を飲み比べても、フルーティと端麗、の差が、まったくわからないんです。

日本酒も聞き酒師みたいな資格? があるようですが、私には日本酒のほうが難しいような気がするんですが……どうなんでしょうね。

ワインは甘口とドライの差が非常にはっきりしていますし、重い軽いも比較的わかりやすいと思います。いっぽうで日本酒はコクがある、さらっとしている、というこのあたりの差もちょっとわかりづらいような気がするのです。

だいたい普段、スーパーや酒屋で売っているお酒というのはほとんどが辛口でどれを飲んでも大きな差が感じないのですよね。もしかしたら、もっと銘柄とか東北とか九州とか作る場所でも明確な違いがあるのでしょうか。

なんにしても、ああだこうだと御託をならべながら飲み比べるというのは楽しい時間です。わからなければわからないなりに、「うーん、この違いがわかる?」と盛り上がるものですしね。

ワインにせよ日本酒にせよ、2本を同時に開けてグラスに注いでのみ比べるのが一番わかりやすいようです。

たまにはそんな遊びをするのも楽しいですよ。